あなたの大切なひとへの当法人の取り組み

 ひきこもり問題は、そこに至る経緯も外へ出られない理由も人それぞれ違います。
 当法人のひきこもり寄り添い活動の担当者自身も、元々はひきこもりでした。

 ですから共感できる現状も少しあると思いますし、言い争いになることも間に我々が入ることで衝突が減らせることも知っています。

 常識に囚われず、決して決めつけず、様々な 角度から問題に対処し、粘りづよく最後まで諦めません。

ご自宅訪問

 部屋のドアが開かず長い期間姿を見ることがない。そんな場合でも、根気強く通い続けてご本人へ語りかけます。はじめは「知らない人」でも、継続することで「定期的に声をかけてくる家族以外の人」など、関係性にも変化が現れてきます。

 ご家庭内で顔を合わせても、冷静に気持ちや考えを伝え合うことができないこともあるかと思います。
 当法人ではご家庭内のそれぞれの立場に寄り添い、摩擦や衝突が起きないよう「潤滑油」や「緩衝材」になれるよう活動を工夫していきます。

お電話・お手紙・電子メール

 「直接会うのは、こわい」
ご家族からの相談とはいえ、突然やって来た見知らぬ人にご本人がそう思ってしまうのは自然なことです。
 直接会うことが難しい場合も、ご自宅訪問と並行しつつ間接的な手段でご本人のこころの声を聴き、共に悩みや不安について考え、解きほぐせるよう活動を行っております。

「やってみたい」のお手伝い

 ご本人は部屋で何も考えずじっとしているだけなのでしょうか。実はひきこもりという状況や失敗への恐怖に縛られ行動に移せないだけで、興味のあることや気になっていることがあるかもしれません。
 ご本人の「やってみたい」を引き出し、実現することで視野を広げたり変化へのきっかけにするお手伝いをしています。


活動のながれ


1.ご家族よりご連絡をいただきます

 お電話(055-233-8332)またはご予約ページより当法人へご連絡ください。



2.担当者が状況等を聞き取りいたします

 ご連絡をくださった方へ、現在の状況やどのような活動をご希望かを聞き取りさせていただきます。同時に、当法人の活動内容や今後の方針についてもご説明させていただきます。

 基本的には対面でお話を伺えるよう手配しますが、それが困難な場合は一旦お電話でのご対応もできます。

もちろん、秘密は厳守いたします。



3.継続的に活動を実施します

 人と人の関係を築くには時間が必要となりますが、ご本人の声を聴き、ご家族の思いを受け取りながらよりよい道を探ります。

 様々な方法でご本人やご家族に寄り添い、「いま」を少しずつ良いものにして積み重ねることで未来をつくっていけるよう心掛けてまいります。



料金

寄り添い活動料金表をご覧ください。